2年縛りが無い!格安スマホは契約変更がしやすい

2年縛りが無い!格安スマホは契約変更がしやすい

 

格安スマホには、契約の縛りが少ないというメリットがあります。

 

キャリアなどは2年縛りがあるので、解約するのにもかなり手間がかかります。

 

では、実際にどのような縛り(違約金)が格安スマホにあるのかを見ていきましょう。

 

 

契約したSIMカードで違約金が変わる

 

格安スマホでは、契約したSIMカードによって違約金が変わってきます。

 

主にSIMカードは

 

  • データ専用SIM(SMS無し)
  • データ専用SIM(SMS有り)
  • 音声通話SIM

 

の3タイプがありますが、データ専用SIMと音声通話SIMで違約金の内容が変わってくることが多いです。

 

データ専用SIMの違約金

 

ほとんどの格安スマホでは、データ専用SIMの解約による違約金は発生しません。

 

※一部の格安スマホでは違約金が発生することもあるのでご注意を。

 

 

音声通話SIMの違約金

 

音声通話SIMは違約金が発生することがあります。

 

キャリアよりは縛りが緩いので、違約金が発生する可能性が低いです。

ほとんどの格安スマホは、契約してから1年未満または6カ月未満で解約した時にのみ、違約金が発生します。

 

また、解約した時に違約金は発生しないけれど、1年未満でMNP転出をした場合に違約金が発生するケースもあります。

 

 

音声通話SIMの違約金の縛りはキャリアと比べて断然緩いです。

 

1年以上契約をすれば、いつ解約しても違約金が発生することがないからです。

 

自由に契約を変えれるところも、格安スマホの良いところです。

 

 

 

格安スマホその他の違約金

 

音声通話SIMの違約金でも話しましたが、音声通話SIMの途中解約で違約金がかからなくても、MNP転出手数料が高くなる場合があります。

 

また、端末分割支払金が残っている場合は、キャリア同様に解約時などに支払う必要があるので注意が必要です。