格安スマホではキャリアのメールアドレスは使えない?!

格安スマホではキャリアのメールアドレスは使えない?!

 

 

格安スマホに移行するときには、キャリアのメールアドレスが使えないというデメリットがあります。

 

最近ではLINEやGmailなどの普及によって、あまり問題としない人が増えてきましたが、キャリアメールがどうしても欲しいという人もまだまだ多いです。

 

実際、ガラケーをまだ使っている人がいたり、迷惑メール対策でGmailなどのフリーのメールアドレスを拒否している場合もあったりするので、キャリアメールは使える方が良いです。

 

では、本当に格安スマホに移行した場合はキャリアのメールアドレスは使えなくなるのでしょうか?

 

実は、キャリアメールを残す方法も存在しています。

 

 

キャリアとメールだけ契約し続けることもできる

 

多少費用がかさんでしまうのですが、キャリアメールを維持する方法が無いワケではありません。

 

ガラケーの契約を通話とメールアドレスだけ残すことにより、キャリアメールを維持することができます。

 

例えばドコモの場合ですが、「タイプシンプルバリュー」と「SPモード」の契約を行うことで、ドコモのメールアドレスを残すことができます。

 

この場合は743円+300円=1,043円(税抜き)でメールアドレスが利用できます。

 

ただし、メールアドレスを維持するための費用が余分にかかってしまうというのがデメリットとしてあります。

 

 

格安スマホはキャリアのメールアドレスは諦めた方が良い

 

ガラケーとスマホの2台持ちであればメールアドレスを残すことを検討しても良いと思いますが、格安スマホ1台に乗り換えをする場合は、キャリアのメールアドレスは諦めた方が良いです。

 

キャリアのメールアドレスを維持するだけで、費用が余分にかかってしまいます。

 

格安スマホを使っている人のほとんどは、GmailやLINEで友人や家族と連絡をとっています。

 

キャリアメールの代わりの連絡手段を使っていくことをオススメします。